花粉症 治療

花粉症検査は症状が出ている時に受けなければならない?

花粉症,治療

花粉症の検査は、段階を追って行われます。まずは、問診で症状と花粉の飛散期が一致しているか、鼻の症状は屋内と屋外のどちらで強く出るか、目のかゆみはあるか、くしゃみは連発で出るか、鼻水は水性か膿性か、などを確認します。

 

そして、鼻鏡検査で鼻粘膜の状態を検査します。花粉が原因で起こるアレルギー症状の場合、鼻粘膜の色で判断ができます。この鼻鏡検査と問診で、ある程度花粉症か否かの診断がつきます。さらに、鼻汁を採取して、鼻汁中好酸球検査をします。好酸球という白血球が増加していると、アレルギー症状であることが確認されます。

 

花粉症の検査には、この他にも血液検査やスクラッチ、皮内テストなどがあります。血液検査によって、かなり細かいところまで原因となっている花粉を特定することができます。また、花粉症ならではの検査に、目の検査と鼻の検査があります。目の検査には、ブラッシュサイトロジーというブラシで眼脂や結膜を取り、結膜や眼脂の中の好酸球を調べるものと、花粉を点眼して、結膜炎を起こさせて調べるものがあります。鼻の検査では、鼻にアレルギーを起こす物を入れて鼻の粘膜を観察します。

 

これらの花粉症検査は、花粉症の症状が出ている時に受けなければならないので、陽性の場合には辛い検査になるかもしれません。

 

花粉症は「一生お付き合いしていくもの」ではありません